スンダリーリカ

アクセスカウンタ

zoom RSS 育ち合う場〜確認する(し合う)〜(2)

<<   作成日時 : 2006/08/15 17:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 夜の法座。ご法話をいただいた後 座談となった。うちのお寺でもだんだんに定着しつつあって ようやく慣れてきた風だが やはりお寺(場所)が変わると 少々居心地がおちつかなく 緊張する自分を 感じていた。けれど イヤな感じはなく ドキドキわくわく 楽しみ感期待感が 私の中に起っている。何かに耳を傾けたい。触れ合いたい。その空間を通して 何かを感じたい。 座談の中で 自分に出遇うことに対して どきどきしつつ わくわくしているのかも知れない。

 M先生は ご法話の感想 今思うところ 日頃感じていること・・・などなど なんでもイイですよ・お話しして下さっていいですよと なんでもOKの空間へ導いて下さる。たいへん大きな器。 私(たち)を迎え この座談をひらいて下さっているように とても優しく感じた。

 ご法話で感じるところがあったし いいたい気持ちも少しあったけど その日は 黙っていたい気持ちの方がおおきかった。自然に話したくなる自分を 待ったらいいなぁと 話せる感じを自分自身聞いていたかもとふりかえる。自分の状態に耳を傾けていた・・・そう そんな感じ。

 始まった座談は 沈黙が おこりそうな空気だったけど 黙って鼓動を感じながら 気持ちの整理をしてた。すると 隣に座っていた Kちゃんが 第一声を あげられた。すごく びっくりした。そして 即感動した!Kちゃんは 私のお友だち。まだ 出遇って数年だけども 彼女のことが だんだんに分ってきてるだけに Kチャンが一番に自分の気持ちを 声にされるのは すごい変化と思うた。

 やはり 6月に体験した一泊二日カウンセリング研修〜育ち合う人間関係〜 あの二日間でのデアイが 彼女にも相当な影響を もたらしたのではと 即かんじた。それだけではないだろうけど 私も他にも あの日をきっかけに ぐんぐん成長させてもらっていることを思う。

 彼女の声を 聞いたあと 沈黙が続いた。私は 彼女の声を聞いて さらにゆっくり味わっていた。すると 右隣の方が 私に話したらどうかというような動作をされた。よく存じ上げている方なので きっと私なら この沈黙をやぶって 何か話すだろうと 思われたに違いない。

 いつもなら 調子よく それに答えて 話し出す私だったろう。けど その時の私は 違和感をごまかさないでいられた。動かなかった(動かないですんだ)。正直に イヤな感じを 自分の中で 受けとめられた。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
育ち合う場〜確認する(し合う)〜(2) スンダリーリカ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる